個人的なお悩みも探偵興信所PIOにご相談ください。

探偵コラム

いじめや嫌がらせを受けたら探偵に調査を依頼して解決or合法的な制裁を!

連日のようにいじめを苦にした自殺のニュースが流れている現在。悲しい事件に多くの人が心を痛めながらもいじめはなくならず、むしろあなたの身近なところに存在します。もし、あなた自身や大切な人がいじめに遭ったら、あなたはどうしますか?我慢する必要も泣き寝入りする必要もありません!そんなときは、探偵にいじめ調査を依頼して、いじめを解決するか合法的な制裁を加えるための準備を整えましょう。

いじめの種類

いじめは学生だけではなく大人や社会人になってからも存在するものです。その分、様々な種類のいじめや嫌がらせが存在するので、ここではその一部を紹介していきます。

肉体的ないじめ

殴る蹴るなどの暴力を伴うものや、からだに直接被害を及ぼすものです。傷が残るほどの強さはもちろん、わざと傷が残らない程度に行う悪質なものも存在します。

精神的ないじめ

意図的に仲間はずれにしたり、無視したり、聞こえるように悪口を言ったり、人前でバカにしたり罵ったりするケースです。学校でも会社でも数多くの事例が存在し、集団がひとりに対して行うケースが多くなっています。「次は自分の番かもしれない」という恐怖心から、まわりの人もいじめや嫌がらせに加担してしまい、味方が少なくなることでさらに孤立してしまう、という悪循環に陥ることも。

肉体的ないじめとは違って直接からだに危害を加えるわけではないため、いじめが発覚したりいじめを証明したりすることが難しいケースが多くなっています。また、仲間が少ないが故に助けを求めにくく、孤立した状態が長引くことでいじめ被害者の心を徐々に蝕んでしまうのです。

強要するいじめ

俗に言う「パシリ」のようなものから、万引きなどの犯罪行為を強要するものまでを指します。黒幕に気づかないままだと、いじめ被害者が問題児として扱われたり、さらなるいじめ被害者を生み出してしまったりする可能性が出てきてしまうのです。

インターネットやSNSでのいじめ

近年のインターネットの発達により、掲示板やSNSに悪口を書かれたり個人情報を晒されたり、いじめ被害者だけグループから除外したり無視したりするケースが増えています。

勉強や仕事の妨害

過度や役割を押し付けることでミスを誘発させたり間違った情報を与えることで妨害したり、生産性を意図的に下げることで、いじめ被害者の尊厳やプライドを傷つける行為もいじめの一種です。優秀であるが故の妬みから発生することもあり、いじめ被害者の信頼やイメージを下げることで加害者が優位に立った幻想を抱くために行われるケースが多く見られます。

探偵にいじめ調査を依頼しよう!

上記のいじめはあくまでも一部です。もっとわかりにくいいじめや嫌がらせをしてきたり、悪質な行為をしてきたりすることもあります。しかし、報復が怖いとか相談しにくいとかバレたら恥ずかしいからなどの理由で、いじめや嫌がらせを我慢する必要はありません。いじめを正当化する理由は、どこを探しても見当たらないのですから。

そんなとき、強い味方になってくれるのが「探偵」です。まわりに相談できる人が少なければなおさら「探偵」の力は必要になります。ひとりで抱え込むことなく、「探偵」の力を使って苦しみから解放されましょう。

なぜ、探偵にいじめ調査を依頼するのか

いじめ調査を探偵に依頼する一番のメリットは、証拠を集めることです。いじめに遭っていたとしても証拠がなければ、相手がどんな言い逃れをしてくるかわかりません。また、学校や会社にとって、いじめがあるという事実を認めたくないケースが多いのが現実です。それは、ニュースでよくある「学校側はいじめを把握していなかった」という言葉からも想像できます。

相手が言い逃れできないようにしたり、合法的に制裁を加えるための裁判で有利に事を運んだりするには、決定的な証拠が必要です。逆に言えば、決定的な証拠があることがいじめ問題を解決するのに不可欠ということになります。その証拠を集めるプロフェッショナルが「探偵」という訳です。

探偵が行ういじめ調査とは

探偵が行ういじめ調査は、学校や会社周辺の尾行や張り込みが主な方法です。学校や会社に入ることはできませんが、登下校や出退勤時など、学校や会社外において証拠を集めることは十分可能。そこで掴んだ証拠を元に、新たな証拠や情報をさらに集めていくことで決定的な証拠となるのです。

また、SNSなどを利用していじめや嫌がらせをするケースも多く、そこには証拠が多く集まっていることが多々あります。探偵ならば、そこから決定的な証拠を入手することも可能です。

探偵に依頼することのメリットは?

決定的な証拠を集めることで、後々有利に事を運ぶことができるのが探偵にいじめ調査を依頼する最大のメリットですが、証拠を集めていじめ問題に早期対応できることもメリットのひとつです。

いじめや嫌がらせを我慢する必要も泣き寝入りする必要もまったくありません。探偵にいじめ調査を依頼してすぐに対応することで、いじめ被害者の苦しみやストレスなど、心の傷を少しでも早く回復させることができるのです。

いじめを受けてやってはいけないこと

個人的に仕返しをする

いじめや嫌がらせを受けたとき、はっきり「NO」と言える強さは必要です。しかし、個人的に仕返しをした場合、さらなるいじめに遭うことや逆にいじめられたと訴えられる可能性もゼロではないので、慎重な対応をしていきましょう。

自分で仕返しをするという強い心を持っていること自体は悪いことではありません。しかし、自分と同じ苦しみを相手に与えてしまっては、いじめ被害者が怒りや憎しみを覚えたはずの加害者となにも変わらなくなってしまいます。同じレベルに落ちてしまうのではなく、探偵を使って合法的に制裁を加えてやりましょう。

自分を責める

「いじめられるのには自分に問題がある」と自分を責めることも厳禁です。いかなる理由を述べたとしても、いじめを正当化する理由は存在しません。もし、自分に問題がある場合、いじめや嫌がらせではない方法で伝えてくるでしょう。いじめや嫌がらせは加害者が圧倒的に悪い。そのことは忘れずにいてください。

ひとりで抱える

いじめや嫌がらせを受けた場合、誰かに相談しづらいと思う人も多いかもしれません。しかし、ひとりで抱えるだけではなにも解決しません。何度も言いますが、我慢する必要はありません。誰にも言えないのなら、プロである探偵に依頼しましょう。きっと、あなたの力になってくれます。

まとめ

いじめや嫌がらせを受けた場合、大切なのは証拠をしっかり残すこと。それを確実に掴むために「探偵」のいじめ調査が役立つのです。いじめは、証拠が掴みにくく、SOSに気づきにくい面があります。悲しい結末を迎えないためにも、早めの対応が必要です。証拠を掴むことも大切ですが、もっと大切なのはいじめを受けた人の心の傷を少しでも早く治すこと。そのために、「探偵」の力を使って一日でも早く新たな日々を過ごしてください。

探偵コラムColumn