個人的なお悩みも探偵興信所PIOにご相談ください。

探偵コラム

現場へ乗り込むことは浮気調査に必要か?探偵側が乗り込むことはある?

浮気現場に乗り込むことで、確固たる証拠をつかんで謝罪させたいと考えていませんか。
かけがえのないパートナーに裏切られ、状況証拠をご自身の目で抑えたい気持ちは分かりますが得策ではありません。

密会現場に乗り込むことで、スムーズに進んでいた浮気調査が打ち止めになってしまう可能性大ですし、円満解決のはずが離婚へと発展する危険性もあります。
今回は「現場に乗り込むことは浮気調査に必要か」について詳しくお話しします。

1、探偵事務所が浮気調査で現場に乗り込むことはあるのか?

あなたは、今後話し合いによる夫婦関係のやり直しまたは、離婚をして再出発を考えているから探偵事務所に浮気調査を依頼したはずです。
だからこそ、浮気調査によって白黒を判明させ、相手が言い逃れできないようにと現場へ乗り込むことを最終的に考えている方も多いでしょう。

そこで、密会シーンに乗り込む前に知っておきたい、探偵事務所のリサーチの範囲や浮気の定義について見て行きましょう。

1_1 探偵事務所の浮気調査の範囲は?

そもそも浮気調査で探偵自らが現場に乗り込むことがあるのでしょうか。
答えは、通常はありません。

探偵事務所は第3者に過ぎませんから、当事者以外の者がホテルや自宅などの密会シーンにまで乗り込むことはできません。
不法侵入に当たるため、探偵事務所のスタッフが密会シーンに乗り込むような浮気調査は行えないのです。

探偵事務所の浮気調査は、ホテルなどの宿泊施設にお二人で泊まる姿を写真として収めるしかできないないため、「不定行為の証拠がないだろう」と白を切られればそれまでです。

1_2 そもそも浮気ってどのような行為を指すのか

パートナー以外の相手と
・こまめに連絡を取り合う
・手をつなぐ
・ハグをする
・キスをする
・デートをする
という行為は、通常浮気とみなされます。

ただし、家庭裁判所の示す浮気は「パートナー意外との不貞行為」に限られます。
浮気調査を進めた結果「パートナーの浮気が明らかだった」場合で、今後裁判で少しでも高く慰謝料を欲しいと考える場合には、不貞行為の現場に乗り込むことも得策の場合もあります。

ただし、大好きなパートナーが他の異性と親密にしている場面を目の当たりにしても、逆上しない冷静さがないと、あべこべに不利な立場に追い込まれて、十分な慰謝料をもらえないケースもあり、判断が難しい部分です。

また、お子さんの将来を考えてじっくり話し合い、パートナーと再スタートを希望される場合に現場に乗り込むと、離婚という予想外のケースへ発展する可能性は高いでしょう。
いずれにしろ、できる限り穏便にスマートに浮気問題に決着をつけて、浮気調査も最終段階を迎

えたいと思うものです。

そもそも、家庭裁判所にて決着を望む場合に、浮気調査のプロセスの中で現場に乗り込む必要性はあるのでしょうか?
そこで、次章では家庭裁判の証拠として求められる証拠品についてお話しします。

2 家庭裁判所が認める状況証拠とはなにか?

家庭裁判所が不定行為として認める、浮気調査の証拠はどのようなものが有効なのでしょうか?
また、現場に乗り込む必要はあるのかについて具体的に見ていきましょう。

2_1 家庭裁判所が認める不貞行為の証拠とは?

裁判所にてパートナーの不定行為を立証して離婚をする時は、配偶者と相手との間の「性行為の存在を確認または推認できる証拠」を掲示する必要があります。
浮気調査において不貞行為の証拠がないと、パートナーがうまく立ち回ってこの場の危機を回避する恐れも否めませんし、状況証拠不備で離婚が却下されてしまうケースがあるためです。

ただし、裁判では「肉体関係を推定できる証拠」があれば不貞行為と認めてもらえるので、写真などを見て不貞行為が予想できると判断されればいいため、現場に乗り込む必要はない事が分かります。

現場に乗り込むことで、その場で諍いなどのトラブルに発展し負傷する事件も多々起きており、両者の冷静な判断が求められるため、乗り込むことは避けた方が良いでしょう。

2_2 不定行為として認められる浮気調査の証拠は?

裁判所が浮気の決定的な証拠として認めているものは、
・車の中での不貞行為
・ラブホテルへの出入り
・浮気相手と居住を共にしている
・自宅または浮気相手の家での宿泊・出入り
を収めた写真です。

これらの写真と一緒に、
・パートナーの浮気を知っている友人や探偵事務所の発言
・浮気相手と宿泊した際のクレジットカードの領収書
・不貞行為について綴ったメモや日記
なども、浮気の状況を証明するために有効な手段です。

また、ビデオで撮影をした時には画像を写真化して提出必要がありますし、録音テープで会話などから証拠を取る際は、テープを文字に起こさないといけません。
そのため、必ずしも密会現場に乗り込む必要性はありません。
ただし、写真やその他の証拠品からパートナーの浮気を裁判官に連想させるには、異なる日時や状況下で撮影された複数枚の写真が必要です。

3 探偵事務所に依頼すればスムーズに浮気調査の手配を進められる

浮気現場に乗り込むことは、精神的に十分な覚悟が必要ですし、素人がうまく不貞行為のシーンを写真に納められるのか難しい部分です。
仮に、乗り込むことで裁判に有利な写真を撮影できたとしても、口論などのトラブルに発展しかねません。
分別ある大人だからこそ修羅場に遭遇せずに、スマートに浮気問題を解決したいものです。

その一方で、ご自身で浮気シーンに乗り込まずに証拠写真を複数枚となると、生活に支障を及ぼしかねませんし、体力的にも限界があります。
また、そこその写真撮影の腕がないとピンボケして証拠写真として使えないと裁判所から却下されてしまうこともあります。

プロの探偵事務所にお願いすることで、さほど時間をかけずに証拠写真を集められますし、あなた自身の時間を有効に利用できます。
さらに、現場に乗り込むことをせずに裁判に有効な証拠を集められて、精神的・体力的な負担を緩和しながら、浮気問題の解決を目指せる点も魅力です。

4.まとめ

今回は「現場に乗り込むことは浮気調査に必要か」というテーマでお話ししました。
浮気をしていると分かっているからこそ、乗り込むことで有利な立場に立ちたいと思うもの。
しかし、穏便に再スタートをと考える際にはかなり危険なかけとなりかねません。

また、家庭裁判所で離婚調停を考えている時期だからこそ、乗り込むよりも確たる証拠を集めるべきです。
ここはプロの探偵社にお任せして、スピーディーな解決策を打ち出しましょう。

探偵コラムColumn