個人的なお悩みも探偵興信所PIOにご相談ください。

探偵コラム

興信所に依頼可能な裁判の証拠とは?不倫などの裁判のために集められる証拠について

不倫の被害にあっているのではないかと思われる時には、訴訟に必要となる証拠を集めなくてはなりません。 
証拠を集めることによって、離婚請求を認めやすくなります。
逆に不倫をしている相手からの一方的な離婚は認められにくくなります。
裁判の際に慰謝料の請求が認められやすくなりますし、夫婦関係の再構築に利用することもできるからです。
証拠をハッキリと突きつけることによって、問題がクリアになりますので、修復のきっかけを見つけることもできるようになるのです。

不倫などの裁判で証拠を集める際に活躍するのが興信所です。そこで今回は、興信所が集めることのできる裁判の証拠や、証拠を集める方法などについて詳しく紹介していきたいと思います。

1. 裁判では何が証拠になるのか?

不倫の証拠として認められる物にはどのようなものがあるのでしょうか?
不倫を実証することができる写真、音声テープ、クレジットカードの利用明細、ホテルなどのレシート、メール、手紙などは証拠としてみとめられます。
また、興信所が調べ上げた情報も証拠として採用されることになります。

写真としては、たとえばラブホテルなどに出入りしている写真であれば十分な証拠になります。
密会をしている写真も有効な証拠です。
撮影された日時を明確にする必要がありますし、複数回の密会であることを証明することも必要です。
音声テープとしては、密会をしている際の音声記録が証拠としては有効です。

ホテルなどを利用したというクレジットカードの明細も証拠にはなりますが、ホテルを繰り返し利用していることを立証することが求められます。
不倫相手のとのやり取りに関するメールや手紙は証拠になります。
できるだけ多くのメールや手紙を用意するようにすることが必要です。
最近ではSNSなどのツールを使って、不倫の実体を証明することも行われています。
証拠として採用されるものの種類が増えて来ているのです。

上記のような証拠以外に、興信所が別の種類の証拠を提示した場合に、裁判所が証拠としての価値を認めれば、証拠として採用されます。
証拠集めのノウハウに長けた興信所であれば、多岐にわたって証拠集めをしてくれることでしょう。

2. 不倫の証拠として認められないもの

不倫の証拠として認められない物ももちろんあります。
写真などに改ざんの疑いがある場合には、裁判所は証拠として取り上げることはしなくなってしまいます。
音声データの場合も改ざんしている場合には証拠として却下されてしまいます。
また、改ざんが疑われるような証拠を提示してしまうと、裁判官の心証を害してしまいますので、裁判を有利に進めることはできなくなってしまいます。

違法に収集したものも証拠としては認められません。
盗聴器を使って、音声データを集めた場合には証拠にはなりません。
不倫相手の部屋への隠しカメラの設置も同様です。
相手の手帳や日記などを盗み見た場合、携帯データのデータを勝手に取得した場合、配偶者の入浴シーンなどを撮影した場合などはプライバシーの侵害にあたりますので、証拠としては認められません。

しかしながら、不倫の証拠を集めるにあたって、違法な行為をするという選択肢しかなかったと言うことを立証できれば、裁判所が証拠として認めることもあります。
といっても何をしてもいいと言うことではありません。
盗聴や盗撮などの著しく反社会的な方法はどんな場合にも利用することはできないのです。

3. 証拠を集める方法

不倫の証拠を集める方法ですが、自分で集めるという方法ももちろんあり得ます。
その場合にはできるだけ多くの証拠を集めなくてはなりません。
さらには継続して集めて、不倫の継続性を実証することも必要です。
また、違法な方法はできる限り用いないようにしなくてはなりません。

一方で興信所に証拠集めをお願いするという方法も考えられます。
この場合にはプロに依頼をするのですから、多くのデータを効率よく収集してもらえることになります。
どの程度までなら違法性が考えられる方法で証拠集めをしても大丈夫と言うことも把握しているので、有利な情報を集めやすくなります。
さりげない形で証拠集めは行われていきますので、気が付かれてしまう可能性を減らすことができるので、トラブルに巻き込まれにくくなります。

不倫に関する証拠を集めることができたら、慰謝料を請求することもできますし、離婚請求をすることもできます。
また逆に、関係を修復することももちろん可能になります。
訴訟が必要になる場合には、弁護士さんに助けを求めてみることもおすすめです。
弁護士さんに仕事を依頼する場合には、出来るだけ多くの不倫案件の仕事をしてきたという実績を持っている弁護士さんに依頼するようにすると、スムーズに問題が解決するはずです。

4.まとめ

不倫の可能性が考える場合には、まずはその証拠を集めることがおすすめです。
証拠があれば、訴訟を有利に行うことができるようになるからです。
できるだけ多くの種類の証拠を集めることが必要です。
さらには、継続して証拠を集めておかなくてはなりません。
証拠は自分で集めてもいいのですが、効率よく集めるには興信所の助けをかりるべきです。
証拠を集める際に、あまりにも違法な方法を用いてしまうと証拠として採用されなくなってしまいますので、注意しなくてはなりません。

証拠が集まったら、訴訟をおこして、不倫の問題を解決することを考えるべきです。
離婚請求、慰謝料の請求、関係修復、いずれの場合にも証拠があるとスムーズに不倫のトラブルを解決することが可能です。

探偵コラムColumn