個人的なお悩みも探偵興信所PIOにご相談ください。

探偵コラム

興信所に依頼すると個人情報をどこまで知り得るのか?興信所が調べてくれる個人情報について

興信所に調査を依頼するとその方の本名と現住所についての情報を得ることができます。
その人の素行や、行動についても調べてもらうことができます。
例えば、ギャンブルが好きであるなどのその人が隠しているような情報を知ることが可能です。
更には学歴や職歴についても調査してもらえます。
なかなか本人には聞きにくい内容ですが、家族についてや経済状況も調べてもらうことができます。
従って、多岐にわたって個人情報の調査を依頼することができるシステムであると考えていいでしょう。

しかしながら、何でも調べてもらえるという訳ではありません。法に触れるような内容を調べてもらうことはもちろんできませんし、差別につながるような内容を調べてもらうことももちろんできません。
今回は、興信所に依頼をするとどのような個人情報を調べてもらえるのか、興信所に個人情報調査を依頼するシチュエーションはどんな時かについて詳しく解説します。

1. どのような時に興信所に仕事を依頼するのでしょうか?

一体どのようなシチュエーションの時に興信所を利用することになるのでしょうか?
結婚式を控えて、婚約者の素性を調べることをするケースが考えられます。
これは相手の職業や年収に嘘はないかなど結婚詐欺の被害を防ぐためのものです。また、実家での生活の様子が大きく違いすぎると、上手く結婚生活を送ることができなくなってしまうことも想定されます。

また、訴訟をする事を考えている時に相手の情報を入手して、裁判を有利に進める場合も考えられます。
例えば、パートナーの不倫を疑っている時に現状証拠を手に入れるために調査を依頼することもあります。
また、ストーカー被害を受けている場合に、加害者の素性を調べると言うこともできます。
ストーカー被害の場合には、刑事事件にならない限り、警察は何もしてくれないことが多いものです。
興信所であれば、加害者の個人情報を丁寧に調べあげて、解決策を提案することもしてくれるはずです。

学校現場などで、子供がいじめにあっている証拠を調べることも依頼できます。
いろいろなタイプの個人情報の調査を請け負ってもらうことができます。
ビジネスの現場ですと、採用候補者について調べたりします。もちろん、商売相手の経営状況を調査してもらうことも可能です。
興信所は長年の経験をもとに依頼者が必要としているありとあらゆる情報を入手してくれます。

2. 興信所はどのように個人情報を調べているのでしょうか?

興信所に調査を依頼すると、いったいどのような方法で調査をおこなっているのでしょうか?
ダイレクトに調査対象に接触しても、簡単に情報を明かしてくれないことが多いはずです。
調査対象者の交友関係等から情報を上手く得るという方法が使われています。
しかしながら、交友関係者に問い合わせるとしても、自然な感じで聞かないと怪しまれてしまいますので、それなりのテクニックが必要になってくるのです。

調査対象者を場合によっては尾行することもあります。
相手に気が付かれてしまうと、尾行をかわすような行動に出てくるかもしれません。
相手に気が付かれないように、尾行をすることもテクニックが求められるものです。
警察官は、捜査権をもっていますので、多くの個人情報を持っていることがあります。
しかしながら、興信所が警察官にアプローチをして、警察官が持っている情報を入手することは法律で禁止されていますので注意が必要です。

3. 調査に関わる費用について

興信所に対して調査を依頼した場合の費用ですが、調査員一人に対して1時間あたり1万円から1.5万円の費用が人件費として必要になるというようにイメージするといいでしょう。
仮に二人で調査をする場合には、1時間当たり2~3万円が必要になります。
これはあくまでも人件費ですので、調査をするために必要になった、交通費や宿泊費は別途請求されることになります。
調査項目が多いとそれに応じて調査機関が長くなってしまいますので費用も高くなってしまいます。

調査を依頼する側も本当に必要な情報の調査だけを依頼するようにすることが肝要です。
あらかじめ見積もりをお願いしておいて、追加費用の有無などもしっかりと確認しておくべきです。
調査が終わった後に自分がイメージした金額以上の請求をされると、トラブルの原因になってしまうからです。

現在はいろいろなタイプの興信所が営業活動をおこなっています。
いろいろな調査案件がありますので、それぞれの得意とする調査分野が存在しています。
実際に自分の目的に合わせて興信所を選ぶようにするといいでしょう。
興信所の実績などはそのHPを確認すれば調べることができます。
また、口コミサイトなどで、評判を確認することも必要です。
最終的には、自分で担当者と相談をして、納得してから、調査を依頼することが必要です。

4.まとめ

興信所は法律に触れない範囲で、多くの種類の個人情報を調べることを可能にするテクニックをもっています。
しかしながら、多くの情報を調べてもらうためにはそれなりの費用も必要になってきます。
自分にとって本当に必要な情報は一体なんであるのかをあらかじめ精査してから、興信所と相談するようにするといいでしょう。
あわせて見積もりを請求して、金銭的なトラブルが起こらないようにすることも必要です。

興信所の調査能力は非常に高いものですが、あくまでも法律の範囲内でしか、調査をする事はできません。
法に触れる内容の調査依頼はどんなことがあっても請け負ってはもらえませんので、その点はあらかじめ把握しておくようにするべきです。

探偵コラムColumn