個人的なお悩みも探偵興信所PIOにご相談ください。

探偵コラム

いじめを受けたらどうする?子供を守るための方法を解説します

いつの時代も子供の間でいじめは存在するもの。しかしその様相は時代と共に変化していることが分かります。最近はインターネットの普及によって、SNSや掲示板などでの誹謗中傷も少なくありません。

もしあなたの大切な子供がいじめを受けたらどうしますか?できれば考えたくないことですが、いつ誰にいじめの被害がおよぶかは分かりません。いじめのサインを漏らさずにキャッチをして、適切に対応することが大切です。

今回は子供がいじめを受けたらどうすべきか、子供を守るための方法を解説します。

子供の間でいじめが発生する主な原因

そもそも子供の間でいじめが発生するのはなぜでしょう?まずはいじめの原因を紹介します。

少数派を受け入れることができない

1つ目の原因は、少数派を受け入れることができないことです。日本人は古くから集団を大切にする民族。「人に迷惑をかけてはいけない」「自分よりも、まずは他人のことを考える」などと教えられた人も多いことでしょう。

集団性を大切にするからこそ、多数派とは違った少数派に対しては、違和感を覚える人も少なくありません。

髪の毛の色が違う、肌の色が違う、体が大きいなどの身体的相違だけでなく、勉強ができる、スポーツができる、他の子供とは違った意見を持っているなども、いじめのターゲットになることがあります。

ストレスが溜まっている

何かしらが要因となって精神的なストレスが蓄積し、解消しようとしていじめに走る子供もいます。

ストレスの原因は実にさまざま。親から勉強を強要されている、両親の関係が良くない、学校の成績が良くない、家庭内で虐待を受けているなどです。

いじめられる相手の様子を見て快感を得たり、いじめることで優位性を感じたりして、溜まったストレスを発散させているのですね。

おもしろ半分で行っている

最後は、おもしろ半分で行っていることです。子供が小さい頃は、善悪の区別が付かないことも少なくありません。いじめること自体がどれほど悪いことなのか、相手はどれほど傷ついているのかを理解していないのです。

本人はからかいのつもりで行っており、相手の反応を見て楽しんでいます。

子供はいじめを隠したがる!いじめに気が付くきっかけとは?

多くの子供はいじめを受けても、自分から進んで親に伝えることはありません。いじめを受けた事実を隠したがるのです。

「いじめられていると知られたら恥ずかしい」「プライドが傷つく」「いじめられていると認めたくない」「いじめが酷くなるのを恐れている」など、さまざまな理由が考えられます。

そのため子供の相談を待つのではなく、親が進んでいじめに気が付ける姿勢を取ることが大切です。

いじめに気が付く主なきっかけをチェックしていきましょう。

自宅で笑うことが少なくなった

以前と比べて自宅で笑う頻度が少なくなったら、いじめに遭っているのかもしれません。大好きなはずのテレビやマンガを見ても、あまり笑わなくなったら要注意。

また自分から積極的に話しをしなくなることもあります。

食欲が低下した

食べ盛りのはずなのに、食欲が明らかに低下している場合も注意しましょう。いじめなどの心配なことが常に頭の中にあり、食事がのどを通らないのかもしれません。

持ち物などが破損している

学校に着て行った衣類や帽子が汚れていたり、ノートや教科書が破かれていたりした場合、いじめを受けているのではないかと疑いましょう。

感情的になるようになった

ささいなことがきっかけとなって突然怒りだしたり、何も理由がないのに泣き出したりと、感情が不安定になることがあります。

いじめを受けたらどうする?子供を守るための方法3つ

もし自分の子供がいじめを受けたら、親は何をすれば良いのでしょうか?最後に子供を守るための方法を全部で3つ紹介します。

いじめに遭う前から相談するように伝えておく

いじめは早期発見・早期解決が鉄則。状況を深刻化させないためにも、できれば子供自身からいじめの被害に遭っていることを親に伝えられるとベストですね。

常日頃からいじめについて子供と会話を持ち、もしいじめられたらすぐに相談するように伝えておきましょう。「いじめられることは恥ずかしくない」「いじめる方が悪い」「大人なら上手に解決できる」など、子供の不安な気持ちに配慮した伝え方を意識してください。

学校に相談をする

いじめが発覚したら、学校に相談しましょう。電話やメールなどではなく、直接学校に出向いて担任の先生や責任者と話しをしてください。

その際はいじめに遭ったとされる具体的な証拠(破損したノートや教科書、子供がケガをした時の写真、いじめが原因とされる子供の変わった様子の記録)などを持参することが大切です。

探偵事務所にいじめの調査をお願いする

いじめの兆候はあるけど、具体的にいじめと分かる確証がない場合は、探偵事務所にいじめの調査をお願いする方法があります。

子供の学校外での行動をチェックして、他の子供たちからいじめの被害に遭っていないどうかを調べてくれます。もしいじめに遭っていた場合は、被害に遭っている現場の写真や動画などを撮ってくれるため、学校への相談もスムーズに進むでしょう。

豊富な調査実績と、質の高い調査スキルを用いて、子供のいじめ調査を効果的に行ってくれますよ。

まとめ

「もしも自分の子供がいじめを受けたら」と考えたくないことですが、いつ誰にいじめの被害が起こるかは分かりません。大切なのは自分の子供にもいじめの被害がおよぶ可能性があると理解し、いじめを受けた際は適切に対処をすることです。

ほとんどの子供はいじめを受けても、恥ずかしさやいじめが酷くなることへの恐れなどから、進んで親に相談することはありません。子供のサインに親が気づいてあげることが求められます。

いじめの兆候があっても確証となるものがない場合、探偵事務所に依頼をする方法を考えてみましょう。豊富な調査実績と高い調査スキルで、いじめの有無や証拠を効果的に捉えてくれます。

探偵事務所によっては相談無料としているところもあるため、気になったら気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

探偵コラムColumn